下村宏 しもむら ひろし(1875〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:和歌山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚ジャーナリスト
出身地(現在) 和歌山県
生没年月日 明治8年5月11日〜昭和32年12月9日
1875年5月11日〜1957年12月9日)
号・別称等 海南(かいなん)

解説

東京帝国大学卒業後、逓信省に入り、為替貯金局長等を務める。大正4年(1915)台湾総督府民政長官(後に総務長官)となり植民地行政に携わる。8年法学博士。10年に大阪朝日新聞社入社、昭和5年(1930)副社長となる。11年に退職し、12年貴族院議員となる。18年日本放送協会会長。20年4月鈴木貫太郎内閣に国務大臣兼情報局総裁として入閣した。同年戦犯容疑者として拘留。21年から26年にかけて公職追放。著作に『新聞に入りて』(1915)や『終戦秘史』(1950)があり、エッセイや歌集も多い。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:本卦かへり
請求記号:632-66
白黒、4.9×5.5 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:諸官省用達商人名鑑前編
請求記号:94-696
白黒、2.8×4.0 cm