下村観山 しもむら かんざん(1873〜1930)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:和歌山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 和歌山県
生没年月日 明治6年4月10日〜昭和5年5月10日
1873年4月10日〜1930年5月10日)
号・別称等 晴三郎

解説

画家。狩野芳崖、橋本雅邦に師事、さらに東京美術学校に学ぶ。明治27年(1894)同校卒業後助教授に就任。31年校長の岡倉天心が辞職した際同校を去り、日本美術院設立に参画。34年教授として同校に戻る。36~38年にかけて英国に留学し、欧州各地を巡る。その後、大正3年(1914)横山大観と共に日本美術院を再興した。6年帝室技芸員。代表作は「木の間の秋」「白狐」等。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:日本美術院史
請求記号:706-Sa281n
白黒、4.3×6.1 cm