柴五郎 しば ごろう(1860〜1945)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 福島県
生没年月日 万延元年5月3日〜昭和20年12月13日
1860年6月21日〜1945年12月13日)

解説

生年が万延元年(1860)とする説もある。父は会津藩士。兄は『佳人之奇遇』の著者柴四朗(東海散士)。青森県庁給仕を経て、陸軍士官学校卒業。明治12年(1879)砲兵少尉に任官。17年中尉に進級後、21年まで清国に駐在し、調査活動などに従事。28年日清戦争出征。33年清国公使館付武官となり、義和団事件で北京籠城戦を指揮、功績を称えられた。37年日露戦争に出征。大正8年(1919)大将、台湾軍司令官。10年軍事参議官。昭和5年(1930)退役。20年自決未遂の後、病死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:北京籠城
請求記号:93-246
白黒、10.8×17.2 cm