斎藤隆夫 さいとう たかお(1870〜1949)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 明治3年8月18日〜昭和24年10月7日
1870年9月13日〜1949年10月7日)

解説

東京専門学校卒業。明治31年(1898)弁護士を開業。34年米国イェール大学に留学。大正元年(1912)衆議院議員に当選、以後当選13回を数えた。立憲国民党、立憲同志会、憲政会、立憲民政党に所属。昭和11年(1936)2.26事件後の第69議会で「粛軍演説」を行い、軍部の政治介入を厳しく批判した。15年の第75議会では、事変処理を糾弾し議会から除名されたが(反軍演説問題)、17年の翼賛選挙で非推薦で当選した。戦後、日本進歩党結成に参加。第1次吉田内閣、片山内閣で国務相となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:斎藤隆夫
請求記号:GK123-40
白黒、10.5×14.9 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:浜口内閣
請求記号:83-459
白黒、5.7×7.7 cm