五代友厚 ごだい ともあつ(1836〜1885)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保6年12月26日〜明治18年9月25日
1836年2月12日〜1885年9月25日)
号・別称等 五代才介
五代徳介

解説

父は鹿児島藩士。安政4年(1857)長崎に留学、海軍伝習所に学ぶ。慶応元年(1865)鹿児島藩留学生を率いて欧州諸国を巡歴。維新後の新政府下では、参与・外国事務局判事、外国官権判事、大阪府県判事を歴任する。明治2年(1869)官を辞し大阪において実業に従事。鉱山経営、藍の製造販売などを行う。藩閥政府とつながりが深く、政商とも呼ばれた。大阪株式取引所、大阪商法会議所、大阪商業講習所(大阪商科大学の前身)などを設立し、大阪の経済発展に貢献した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:五代友厚伝
請求記号:640-117
白黒、11.0×14.2 cm