児島惟謙 こじま いけん(1837〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 天保8年2月1日〜明治41年7月1日
1837年3月7日〜1908年7月1日)

解説

司法官。父は宇和島藩士。高知・長崎に遊学、坂本竜馬五代友厚らと交友、のち脱藩して倒幕運動に参加。明治4年(1871)司法省に出仕、名古屋裁判所長などを経て、24年大審院長となる。同年5月大津事件(ロシア皇太子暗殺未遂事件)に直面したが、犯人津田三蔵の死刑を導こうとする政府の干渉を退け、司法権独立の擁護者として名を残す。25年大審院判事らの弄花(花札)事件で辞任。27年以降貴族院勅撰議員、衆議院議員(進歩党)を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:児島惟謙伝
請求記号:792-5
白黒、7.9×11.8 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:児島惟謙
請求記号:GK76-6
白黒、9.1×12.1 cm