郡司成忠 ぐんじ しげただ(1860〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 東京都
生没年月日 万延元年11月17日〜大正13年8月15日
1860年12月16日〜1924年8月15日)
号・別称等 郡司成忠(ぐんじ なりただ)

解説

父は幕臣、弟は小説家幸田露伴。明治5年(1872)海軍兵学寮に入校。26年海軍大尉として予備役に入り報効義会を組織し、千島樺太交換条約により日本領とされた千島列島を探検。最北端の占守島(シュムシュ島)に入植し、漁場の開拓にあたった。翌年日清戦争従軍のため帰還。日露戦争ではカムチャツカに侵入しロシア軍に捕われ、戦後帰国。第一次大戦にはシベリアで特殊任務に従事した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:名士の兄弟
請求記号:96-74
白黒、4.7×6.8 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:立志亀鑑
請求記号:70-126
白黒、8.5×11.0 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:幕末・明治・大正回顧八十年史 第5輯
請求記号:430-3
白黒、5.5×7.9 cm