黒田清輝 くろだ せいき(1866〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 慶応2年6月29日〜大正13年7月15日
1866年8月9日〜1924年7月15日)
号・別称等 新太郎(しんたろう)
黒田清輝(くろだ きよてる)

解説

洋画家。父は鹿児島藩士。伯父黒田清綱の養嗣子となり上京。明治17年(1884)渡仏しラファエル・コランに師事、帰国後29年白馬会を創立した。外光派の明るい画風は日本の画壇に大きな影響を与えた。31年東京美術学校教授に就任。40年文展を創設。43年洋画家として最初の帝室技芸員となる。大正8年(1919)帝国美術院会員、11年院長に就任。洋画の啓蒙・教育とアカデミズムの確立に尽力した。9年貴族院議員。代表作に「読書」「舞妓」「湖畔」など。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幕末・明治・大正回顧八十年史 第12輯
請求記号:210.6-To591b
白黒、6.2×8.6 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、5.6×7.4 cm