黒岩涙香 くろいわ るいこう(1862〜1920)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト文学者
出身地(現在) 高知県
生没年月日 文久2年9月29日〜大正9年10月6日
1862年11月20日〜1920年10月6日)
号・別称等 古概(こがい)
黒岩周六(くろいわ しゅうろく)
黒岩小史(くろいわ しょうし)

解説

新聞記者、翻訳家、小説家。父は土佐郷士。慶応義塾中退。『絵入自由新聞』、『都新聞』などの主筆を歴任し、明治25年(1892)『万朝報』を創刊。社会派的な暴露記事や娯楽記事、自らの連載小説で部数を伸ばし、大衆新聞の先駆となった。日露戦争では主戦論に転じ、内村鑑三、幸徳秋水らの退社を招いた。大正期にも憲政擁護運動への参加、シーメンス事件攻撃など政治に強い関心を持った。翻案小説『鉄仮面』『巌窟王』『噫無情』などが名高い。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:定本俚謡正調
請求記号:582-198
白黒、7.4×11.1 cm