栗本鋤雲 くりもと じょうん(1822〜1897)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文政5年3月〜明治30年3月6日
1822年〜1897年3月6日)
号・別称等 栗本匏庵(くりもと ほうあん)

解説

幕臣。父は幕府医官。嘉永元年(1848)家業を継ぎ奥医師となる。その後、職を解かれ、5年に函館に移住。山野の開拓、病院の造成などに力を注ぐ。文久3年(1863)に江戸に戻り、親仏派として外交交渉にあたる。軍艦奉行、外国奉行を務め、慶応3年(1867)フランス派遣。維新後は新政府に仕えず、明治6年(1873)郵便報知新聞に編集主任として入社、随筆類を寄稿した。没後、著述は『匏庵遺稿』(1900)としてまとめられた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:十大先覚記者伝
請求記号:554-9
白黒、6.9×12.2 cm