陸羯南 くが かつなん(1857〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:青森県[次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 青森県
生没年月日 安政4年10月14日〜明治40年9月2日
1857年11月30日〜1907年9月2日)
号・別称等 実(みのる)

解説

父は弘前藩士。東奥義塾、宮城師範学校に学ぶ。明治9年(1876)上京して司法省法学校本科へ入学するが、12年4月退学処分を受けた。16年太政官文書局に勤務し、18年内閣制創設とともに内閣官報局編輯課長となる。21年条約改正と欧化政策に反対して辞職。東京電報を発刊し、翌年日本と改題。39年病のために譲渡するまで社主・主筆を務め、国民主義を主張した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:羯南文録
請求記号:745-127
白黒、9.7×13.9 cm