瓜生寅 うりゅう はじむ(1842〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福井県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚実業家
出身地(現在) 福井県
生没年月日 天保13年1月15日〜大正2年2月23日
1842年2月24日〜1913年2月23日)
号・別称等 寅(はじめ)

解説

父は福井藩士。安政3年(1856)に一家断絶となる。その後、遠祖の瓜生姓を名乗る。漢学、蘭学、英学を学び、幕府の英語学校教授を務める。明治3年(1870)に新政府に登用され文部省、大蔵省、工部省などに勤務するが12年退官。15年日本鉄道会社に勤務。その後、兵庫日本米穀輸出会社顧問を経て、外国船積立業瓜生商会を設立。著作は、貨幣、地質学、測量、地理、家政学など多方面にわたる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm