川上音二郎 かわかみ おとじろう(1864〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 文久4年1月1日〜明治44年11月11日
1864年2月8日〜1911年11月11日)
号・別称等 川上歎水

解説

福岡生まれ。俳優。14歳で上京、放浪生活の末、自由党壮士となり自由童子を名のる。自由民権運動に対する取締りが厳しくなると大阪で落語家桂文之助に入門し、浮世亭○○と名のり、時事を風刺したオッペケペ節で人気を得る。明治24年(1891)川上書生芝居を旗揚げし、26年渡仏。帰国後戦争劇「壮絶快絶日清戦争」で大成功をおさめた。29年神田に川上座を開場、32年女優で妻の貞奴と ともに一座を組織して欧米を巡業。36年正劇と称して『オセロ』などの翻訳劇を上演、41年帝国女優養成所開設、43年大阪に純洋風劇場帝国座を建てるなど、わが国近代演劇の発展に貢献した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幕末・明治・大正回顧八十年史 第8輯
請求記号:210.6-To591b
白黒、4.8×6.9 cm