小山内薫 おさない かおる(1881〜1928)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 広島県
生没年月日 明治14年7月26日〜昭和3年12月25日
1881年7月26日〜1928年12月25日)

解説

劇作家、演出家。東京帝国大学在学中から劇作を始め、卒業後の明治40年(1907)『新思潮』(第1次)を刊行し海外戯曲の紹介を行う。42年二代目市川左団次と共に西欧に倣った自由劇場を興し、以降大正8年(1919)まで西欧近代劇の翻訳による新しい演劇(新劇)を上演した。13年土方与志らと共に新劇の劇場としては初の有形劇場となる築地小劇場を創立するなど、新劇運動において中心的な役割を果たした。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:小山内薫全集 第1巻
請求記号:598-18
白黒、9.1×13.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:小山内薫全集 第1巻
請求記号:598-18
白黒、8.5×13.5 cm