小栗忠順 おぐり ただまさ(1827〜1868)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文政10年〜慶応4年閏4月6日
1827年〜1868年5月27日)
号・別称等 又一(またいち)
豊後介(ぶんごのすけ)
上野介(こうずけのすけ)

解説

幕臣。父は新潟奉行小栗忠高。安政6年(1859)目付となり、翌万延元年(1860)日米修好通商条約批准書交換使節の一員として渡米した。帰国後は勘定奉行、軍艦奉行等を務め、横須賀製鉄所建設、関税率改訂交渉、軍制改革などの任にあたり、動乱期の困難な幕府財政を支えた。戊辰戦争に際し強硬な抗戦論を主張して罷免され、所領地の上州群馬郡権田村に隠棲したが、新政府軍により捕縛、処刑された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:小栗上野介忠順公を憶ふ
請求記号:733-13
白黒、6.3×10.4 cm