荻原守衛 おぎわら もりえ(1879〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治12年12月1日〜明治43年4月22日
1879年12月1日〜1910年4月22日)
号・別称等 荻原碌山(おぎわら ろくさん)

解説

彫刻家。明治32年(1899)上京、小山正太郎の不同舎に入門し画家を志す。34年渡米、36年渡仏、ロダンの作品に感動して彫刻に転じた。40年初めてロダンを訪問。41年帰国、「文覚」を制作。42年「デスペア」制作。43年代表作とされる「女」(重要文化財)を完成したが、4月急逝した。日本における本格的な近代彫刻の導入者とされる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:彫刻真髄
請求記号:667-142
白黒、9.5×13.8 cm