大谷光瑞 おおたに こうずい(1876〜1948)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物次の人物]

職業・身分 宗教家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 明治9年12月27日〜昭和23年10月5日
1876年12月27日〜1948年10月5日)
号・別称等 鏡如(きょうにょ)
峻麿(たかまろ)

解説

10歳で得度、幼名峻麿、法名鏡如、諱光瑞。明治36年(1903)父光尊の死により浄土真宗本願寺派本願寺(西)22世門主となる。明治35年から大正2年(1913)にかけて3次の中央アジア探検隊を派遣。敦煌、トルファン、ローラン、チベットなどを探検し、収集品の整理研究のほか著述、講演、教育、印刷などの事業に力を注いだ。14年門主を辞す。太平洋戦争中には内閣顧問などを努めた。夫人は貞明皇后の姉、歌人の九条武子は実妹。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:無題録
請求記号:619-125
白黒、6.1×8.5 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:台湾島之現在
請求記号:689-58
白黒、9.0×12.0 cm