大井憲太郎 おおい けんたろう(1843〜1922)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 天保14年8月10日〜大正11年10月15日
1843年9月3日〜1922年10月15日)
号・別称等 高並彦六(たかなみ ひころく)
大輔(だいすけ)
馬城台二郎(ばじょうだいじろう)

解説

長崎で蘭学、化学を学んだ後、箕作麟祥に師事、大学南校でフランス学を学ぶ。フランスの法律書を数多く翻訳。明治7年(1874)の民撰議院論争で、最も急進的な即時開設論を主張し注目される。8年元老院少書記官となるが翌年免官。15年自由党常議員となり、自由民権運動の理論家として急進派を指導した。18年大阪事件を起こし投獄されたが、22年大赦により出獄。25年東洋自由党を結成、対外強硬論を主張する一方、労働問題・小作問題等にも尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、5.3×7.5 cm