上原勇作 うえはら ゆうさく(1856〜1933)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮崎県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 宮崎県
生没年月日 安政3年11月9日〜昭和8年11月8日
1856年12月6日〜1933年11月8日)

解説

父は鹿児島藩士。明治12年(1879)陸軍士官学校卒業。14年フランスに留学。日露戦争時には第4軍参謀長として参加。45年第2次西園寺内閣の陸相に就任。内閣が財政緊縮を進めたために軍の二個師団増設要求と対立し、陸相の辞職により内閣総辞職となった、いわゆる大正の政変の当事者。のち教育総監、参謀総長。陸軍薩摩閥の長老として重きをなす。日本における工兵の創始者。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm