宇垣一成 うがき かずしげ(1868〜1956)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人政治家
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 慶応4年6月21日〜昭和31年4月30日
1868年8月9日〜1956年4月30日)

解説

小学校代用教員となるが、軍人を志し上京。陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業。大正12年(1923)陸軍次官。13年清浦内閣の陸相となり、第1次・第2次加藤内閣、第1次若槻内閣まで留任した。その間、14年宇垣軍縮を実現。昭和4年(1929)浜口内閣で再び陸相。6年三月事件に関与し陸相を辞任、朝鮮総督となる。12年組閣を命ぜられたが陸軍の反対で断念した。13年第1次近衛内閣の外相、拓相に就任、対華和平工作に努めた。28年参議院議員となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:身辺雑話
請求記号:757-11
白黒、9.0×12.5 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:浜口内閣
請求記号:83-459
白黒、8.2×11.3 cm