植村正久 うえむら まさひさ(1858〜1925)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物次の人物]

職業・身分 宗教家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 安政4年12月1日〜大正14年1月8日
1858年1月15日〜1925年1月8日)
号・別称等 謙堂(けんどう)

解説

明治大正期のキリスト教の指導者。牧師。父は旗本。明治4年(1871)以降横浜で英語を学ぶなかで宣教師の感化を受け、6年受洗。13年に東京下谷教会の牧師となる。20年番町一致教会(一番町教会、富士見町教会)を設立、生涯その牧師を務めた。その間13年小崎弘道らと『六合雑誌』を、23年独力で『福音新報』を創刊。36年には東京神学社(東京神学大学)を創立した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:植村正久伝
請求記号:687-109
白黒、8.4×11.0 cm