岩崎弥太郎 いわさき やたろう(1835〜1885)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 天保5年12月11日〜明治18年2月7日
1835年1月9日〜1885年2月7日)

解説

三菱財閥の創始者。父は地下浪人。高知藩に職を得、開成館長崎出張所に勤務し貿易に従事、明治2年(1869)には同藩大阪商会に転じた。廃藩置県に際し藩の事業を引き継ぎ、九十九商会をおこし、後に社名を三菱商会、郵便汽船三菱会社へと改称した。台湾出兵の軍事輸送、西南戦争の軍事輸送を担当。さらに、鉱山・造船・金融・貿易など多方面への進出も試みた。新汽船会社共同運輸が設立されると激しい競争が続いたが、弥太郎は競争渦中の18年に病死し、その事業は弟弥之助、長男久弥に継承された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、6.4×6.4 cm