井上準之助 いのうえ じゅんのすけ(1869〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 明治2年3月25日〜昭和7年2月9日
1869年5月6日〜1932年2月9日)

解説

東京帝国大学卒。明治29年(1896)日本銀行に入行。30年に英国・ベルギーに留学。帰国後、大阪支店長・営業局長などを歴任。44年横浜正金銀行に入り、頭取を経て、大正8年(1919)に日銀総裁に就任した。12年に山本権兵衛内閣の蔵相となり、翌年貴族院議員に勅選。昭和2年(1927)高橋是清蔵相の下で再び日銀総裁となる。4年浜口雄幸内閣の蔵相となり、金解禁を実施。6年に辞任後、民政党総務となるが、血盟団事件で暗殺された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:若槻内閣
請求記号:GB521-H40
白黒、6.1×9.2 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:浜口内閣
請求記号:83-459
白黒、8.2×11.3 cm