井上哲次郎 いのうえ てつじろう(1856〜1944)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 安政2年12月25日〜昭和19年11月9日
1856年2月1日〜1944年11月9日)
号・別称等 巽軒(そんけん)

解説

哲学者。明治13年(1880)東京大学哲学科卒業。15年東大助教授。同年共著『新体詩抄』(1882)を刊行。新体詩運動の先駆者となる。17年ドイツ留学。23年帰国後、教授に任ぜられ、大正12年(1923)に退職するまでドイツ観念論哲学を講じる。また、国家主義の立場からキリスト教を排撃、国民道徳を主張し、晩年は日本の儒教研究に力を注いだ。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:人生読本 春夏秋冬
請求記号:742-83
白黒、9.0×12.0 cm