伊藤圭介 いとう けいすけ(1803〜1901)

現在のカテゴリー:生年月日順:1800年代[次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 享和3年1月27日〜明治34年1月20日
1803年2月18日〜1901年1月20日)
号・別称等 舜民(しゅんみん)
戴堯(たいぎょう)
錦窠(きんか)

解説

博物学者。医師西山玄道の次男として生まれる。本草学や蘭学を学び、文政10年(1827)長崎でシーボルトから植物学を学んだ。シーボルトから贈られたツンベルク『日本植物誌』をもとに『泰西本草名疏』を著し、日本で初めてリンネの体系を紹介した。文久元年(1861)幕府の蕃書調所に登用される。明治14年(1881)から東京大学教授。21年には日本最初の理学博士となった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:伊藤圭介先生ノ伝
請求記号:524-745
白黒、10.5×15.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:理学博士伊藤圭介翁小伝
請求記号:81-49
白黒、11.2×17.5 cm