市川左団次(初代) いちかわ さだんじ (しょだい)(1842〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 天保13年10月28日〜明治37年8月7日
1842年11月30日〜1904年8月7日)
号・別称等 高島屋(たかしまや)
高橋栄三(たかはし えいぞう)

解説

歌舞伎俳優。父は床山。四代目市川小団次に入門、元治元年(1864)養子となり初代市川左団次を名乗る。河竹黙阿弥の支援を受け、明治3年(1870)書き下ろし『慶安太平記』で丸橋忠弥を演じ好評を得る。同時期の九代目市川団十郎五代目尾上菊五郎とともに「団菊左」と称された。26年明治座を興しその座頭となった。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:市川左団次
請求記号:774.2-Ma77ウ
白黒、5.5×9.0 cm