泉鏡花 いずみ きょうか(1873〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 石川県
生没年月日 明治6年11月4日〜昭和14年9月7日
1873年11月4日〜1939年9月7日)
号・別称等 泉鏡太郎(いずみ きょうたろう)

解説

小説家。北陸英和学校中退。明治15年(1882)10歳で母を失うが、亡母への思慕は後の作風に強い影響を与えた。23年上京し、翌24年尾崎紅葉に入門。28年『文芸倶楽部』に「夜行巡査」、「外科室」を発表。観念小説と称され、脚光を浴びる。「照葉狂言」(1900)以降は浪漫主義的作風に転じ、幻想的な作品を発表した。代表作は「高野聖」(1900)、「婦系図」(1907)、「歌行燈」(1910)など。谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫ら多くの作家に影響を与えた。昭和12年(1937)帝国芸術院会員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代小説全集 第2巻
請求記号:555-4
白黒、10.2×15.1 cm