鮎川義介 あいかわ よしすけ(1880〜1967)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 明治13年11月6日〜昭和42年2月13日
1880年11月6日〜1967年2月13日)
号・別称等 鮎川義介(あゆかわ ぎすけ)
鮎川義介(あゆかわ よしすけ)

解説

明治36年(1903)東京帝国大学を卒業後、芝浦製作所の職工となり、渡米し可鍛錬鋳造技術を研究。帰国後、井上馨の支援を受け戸畑鋳物を創設。昭和3年(1928)久原鉱業の社長に就任し、同社を日本産業と改称。以後多数の企業の吸収を繰り返し、日産コンツェルンを確立した。12年満洲に進出し、日産本社を満洲重工業開発と改称。帰国後は東条内閣顧問となる。戦後A級戦犯容疑により拘置。釈放後、28年から34年まで参議院議員となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:風雲児鮎川義介
請求記号:742-164
白黒、8.4×12.3 cm