浅井忠 あさい ちゅう(1856〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政3年6月21日〜明治40年12月16日
1856年7月22日〜1907年12月16日)
号・別称等 木魚(もくぎょ)
黙語(もくご)

解説

洋画家。父は佐倉藩士。明治8年(1875)国沢新九郎に師事し、翌年工部美術学校に入学、フォンタネージに師事する。22年日本初の洋画団体、明治美術会を創立。31年東京美術学校教授に就任。33年フランスに2年間留学。帰国後京都高等工芸学校教授に就任し、関西美術院を創立。渡欧後は印象派の画風を取り入れ、また水彩画にも多くの佳作を残した。門下に安井曾太郎、梅原龍三郎らがいる。代表作に「春畝」「収穫」「グレーの秋」など。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、5.5×7.3 cm