秋山真之 あきやま さねゆき(1868〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 慶応4年3月20日〜大正7年2月4日
1868年4月12日〜1918年2月4日)

解説

父は松山藩士。秋山好古の弟。海軍兵学校卒業。明治25年(1892)少尉。砲艦筑紫の航海士として日清戦争に従軍。30年米国留学、33年まで米西戦争の観戦、米国海軍での実地研修などを通じ、軍事理論の研鑽を積む。帰国後、海軍大学校教官となり、海軍の戦略・戦術・戦務などを講義、その後長らく日本海軍の兵学の基本理論となる。日露戦争では連合艦隊作戦参謀として活躍。大正3年(1914)海軍省軍務局長、6年中将となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:薩の海軍・長の陸軍 人物評論
請求記号:AZ-652-H47
白黒、5.0×6.8 cm