明石元二郎 あかし もとじろう(1864〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 元治元年8月1日〜大正8年10月26日
1864年9月1日〜1919年10月26日)

解説

父は福岡藩士。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。明治27年(1894)ドイツ留学。28年日清戦争に従軍、近衛師団参謀として台湾占領に参加。フランス公使館・ロシア公使館付武官などを経て、日露戦争中はストックホルムでロシア国内攪乱を狙った諜報活動を展開した。その後、韓国併合の過程で韓国駐箚軍参謀長、韓国駐箚憲兵隊司令官などを歴任。大正7年(1918)台湾総督に任ぜられ、大将に昇進。8年台湾軍司令官を兼任するが、在職中に病死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明石将軍
請求記号:666-7
白黒、8.4×14.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、6.7×9.3 cm