渡辺辰五郎 わたなべ たつごろう(1844〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:わ[前の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物]

職業・身分 教育家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 天保15年8月〜明治40年5月26日
1844年〜1907年5月26日)

解説

裁縫教育に生涯をささげた。江戸の仕立屋に奉公にあがり、明治元年(1868)年季奉公を終えて郷里に帰り、仕立屋をしながら地域の子女に裁縫を教える。長南小学校をはじめに、千葉女子師範学校、東京女子師範学校などで裁縫を教授し、文部省御用掛を拝命。14年以降、私塾の和洋裁縫伝習所(後の東京家政大学)、共立女子職業学校(後の共立女子学園)を設立し、わが国女子職業学校の嚆矢となった。裁縫の練習用や訓練用の教科書を執筆し、渡辺式といわれた新しい裁縫術を広めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm