吉田松陰 よしだ しょういん(1830〜1859)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家その他
出身地(現在) 山口県
生没年月日 文政13年8月4日〜安政6年10月27日
1830年9月20日〜1859年11月21日)

解説

父は萩藩士杉百合之助。山鹿流兵学師範であった吉田家の養子となる。藩校明倫館を経て、諸国を遊学。佐久間象山のもとで砲術と蘭学を学ぶ。安政元年(1854)海外密航を企て、下田港のアメリカ軍艦ポーハタン号に乗り込もうとしたが、拒絶され投獄。のち萩の野山獄に移されるが、翌年免獄となり実家杉家に幽閉の身となる。その間松下村塾を開き、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文山県有朋ら約80人の門人を集め、幕末から明治にかけて活躍した人材育成の場となった。安政6年(1859)、安政の大獄により江戸で刑死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm