横川省三 よこかわ しょうぞう(1865〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岩手県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 岩手県
生没年月日 元治2年4月4日〜明治37年4月21日
1865年4月28日〜1904年4月21日)

解説

父は盛岡藩士。自由民権運動に投じ、加波山事件に連座して禁錮。明治23年(1890)東京朝日新聞社に入社、郡司成忠の千島探検の特派員、日清戦争では従軍記者となる。のち清国に渡航して北京の東文学舎に入る。日露戦争前に軍事探偵として諜報活動に従事、37年日露戦争勃発後、沖禎介らとともに満洲に入り、鉄道爆破を図ったがロシア軍に捕らえられ、ハルビン郊外で銃殺。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm