由利公正 ゆり きみまさ(1829〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ゆ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福井県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 福井県
生没年月日 文政12年11月11日〜明治42年4月28日
1829年12月6日〜1909年4月28日)
号・別称等 公正(こうせい)
三岡八郎(みつおか はちろう)

解説

福井藩士。横井小楠の影響を受け、財政を学ぶ。福井藩の財政改革に手腕を発揮。幕府の政事総裁職となった藩主松平慶永に重用される。藩内の政争から、一時蟄居の身となるが、明治維新を契機に参与として登用される。新政府の財政・金融政策を担当し、太政官札を発行。また福岡孝弟とともに五箇条の誓文の原案作成にもたずさわった。明治4年(1871)東京都知事。翌年岩倉遣外使節団に加わり欧米を視察。帰国後、元老院議官をつとめる。23年貴族院議員に勅選。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm