湯地丈雄 ゆち たけお(1847〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ゆ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 弘化4年4月4日〜大正2年1月10日
1847年5月18日〜1913年1月10日)

解説

明治6年(1873)熊本県警部となり、翌年の佐賀の乱の鎮定に功があった。辞官後は愛国思想の鼓舞につとめ、元寇記念碑の建立を首唱、37年には亀山上皇の銅像を建立した。28年に大日本護国幼年会を設立し、幼年者の貯金より水雷艇の建造を計画するが病により中断。共著書として『元寇』(1893)がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm