山座円次郎 やまざ えんじろう(1866〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 慶応2年10月26日〜大正3年5月28日
1866年12月2日〜1914年5月28日)

解説

父は黒田藩足軽。明治25年(1892)帝国大学法科大学卒業。外務省に入り、釜山、上海、仁川、ロンドン、韓国に在勤。34年政務局長。小村寿太郎外相のもとで、日英同盟、日露交渉、対露開戦外交に関わる。日露ポーツマス講和会議に随員として出席するなど、小村外交の中心的役割を担った。41年英国大使館参事官。大正2年(1913)中国公使となり、辛亥革命後の中国に赴く。翌年北京で客死。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm