山県有朋 やまがた ありとも(1838〜1922)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人政治家首相
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保9年閏4月22日〜大正11年2月1日
1838年6月14日〜1922年2月1日)
号・別称等 含雪

解説

父は萩藩士。松下村塾に学ぶ。奇兵隊の軍監として活躍。戊辰戦争に従軍。兵部少輔、兵部大輔、陸軍大輔を経て明治6年(1873)陸軍卿に就任。徴兵令の制定を推進。軍制の確立に尽くす。11年参謀本部長。16年内務卿。18年第1次伊藤内閣の内相に就任。民権運動を抑圧するとともに、中央集権的な地方制度の確立につとめる。22年第1次山県内閣を組織。第2次伊藤内閣の司法相、陸相、枢密院議長、日清戦争時の第1軍司令官などを歴任。31年第2次山県内閣を組織。日露戦争時は参謀総長として作戦指揮にあたる。元老として「山県閥」と呼ばれる官僚、軍人の一大勢力を形成し、政界への影響力を行使した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm