山岡鉄太郎 やまおか てつたろう(1836〜1888)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保7年6月10日〜明治21年7月19日
1836年7月23日〜1888年7月19日)
号・別称等 鉄舟(てっしゅう)

解説

剣術家、幕臣、宮内官僚。幕末から明治にかけて剣客として活躍。安政3年(1856)幕府の講武所で剣術の教授方世話役となる。文久3年(1863)浪士組の浪士取扱となり上京。慶応4年(1868)15代将軍徳川慶喜の警固役として精鋭隊頭に任ずる。徳川家存続のため駿府へ赴き、西郷隆盛に談判。勝海舟との会談を実現し、江戸城開城に貢献。維新後、静岡藩権大参事、伊万里県令などを経て宮中へ出仕。侍従や宮内小輔などを歴任し、明治天皇の側近として仕えた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、6.5×10.4 cm