山内豊信 やまうち とよしげ(1827〜1872)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物]

職業・身分 公家・旧大名
出身地(現在) 高知県
生没年月日 文政10年10月9日〜明治5年6月21日
1827年11月27日〜1872年7月26日)
号・別称等 容堂(ようどう)

解説

幕末の高知藩主。父は藩主分家山内豊著。嘉永6年(1853)の黒船襲来を契機に藩政改革を断行、吉田東洋を登用し成果を上げる。幕政にも積極的に参加し、将軍継嗣問題では一橋慶喜を擁立する一橋派を支援。対立する大老井伊直弼に弾圧を受け、2年半にわたり謹慎生活を送る。以後公武合体派として幕政改革に乗り出し、土佐勤王党を弾圧、藩内の尊攘激派の鎮圧に努める。慶応3年(1867)後藤象二郎の進言を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白。雄藩連合を構想。明治政府において議定、制度寮総裁等に就く。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm