本野盛亨 もとの もりみち(1836〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚ジャーナリスト
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 天保7年8月15日〜明治42年12月10日
1836年9月25日〜1909年12月10日)

解説

父は佐賀藩士。大阪で緒方洪庵に蘭学、長崎でフルベッキに英語を学んだ後、藩命で江戸へ出府。維新後は、明治元年(1868)に神奈川裁判所に出仕するとともに、3年横浜で子安峻、柴田昌吉と活版印刷業日就社を創業(6年に東京に移転し、翌年、『読売新聞』を創刊)。5年駐英公使館1等書記官として渡英。帰国後、横浜税関長など大蔵省で勤務。15年検事に転じ、大阪控訴裁判所検事で20年退官。のち、読売新聞の2代目社長に就任した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm