村田経芳 むらた つねよし(1838〜1921)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:む[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保9年6月10日〜大正10年2月9日
1838年7月30日〜1921年2月9日)

解説

父は鹿児島藩士。西洋流砲術を学び、戊辰戦争に従軍。明治4年(1871)陸軍歩兵大尉。8年射撃技術と兵器研究のためフランス、ドイツ、スウェーデンなどに赴く。13年最初の国産銃である十三年式村田銃を開発。以後、再び渡欧し、村田銃の改良を重ねた。23年貴族院勅選議員。同年10月少将となり予備役に編入。29年男爵。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm