陸奥宗光 むつ むねみつ(1844〜1897)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:む[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:和歌山県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官政治家
出身地(現在) 和歌山県
生没年月日 天保15年7月7日〜明治30年8月24日
1844年8月20日〜1897年8月24日)

解説

父は和歌山藩士。幕末期海援隊に参加。維新後外国事務局御用掛、兵庫・神奈川県等知事、大蔵省租税頭、元老院議官を歴任。明治11年(1878)政府転覆を企図した土佐立志社事件に関与し免官、5年間入獄。出獄後欧米を歴訪し、帰国後外務省入省。21年駐米全権公使に就任。23年第1回衆院選で当選。第1次山県、第1次松方各内閣の農商務相、第2次伊藤内閣の外相を歴任。27年日英通商航海条約に調印し、領事裁判権の回復を実現。対清強硬路線をとり、日清戦争開戦へと導き、講和・三国干渉を処理した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm