三浦梧楼 みうら ごろう(1847〜1926)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 弘化3年11月15日〜大正15年1月28日
1847年1月1日〜1926年1月28日)
号・別称等 三浦観樹(みうら かんじゅ)

解説

父は萩藩士。藩校明倫館に学ぶ。奇兵隊へ入隊し、第2次長州征討、戊辰戦争で活躍。兵部権大丞、東京鎮台司令官、広島鎮台司令官を歴任。西南戦争時は第3旅団司令官として従軍。明治17年(1884)大山巌に随行し欧州各国の兵制を視察。21年藩閥勢力と対立し、予備役に編入される。同年11月、学習院長に就任。23年貴族院子爵議員。28年朝鮮国駐在特命全権公使に就任。閔妃暗殺に関与。のち枢密顧問官。政党勢力を重視するようになり、第二次護憲運動では3党首会談を仲介した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm