松井直吉 まつい なおきち(1857〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岐阜県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 岐阜県
生没年月日 安政4年6月25日〜明治44年2月1日
1857年8月14日〜1911年2月1日)

解説

化学者。大垣藩の貢進生として大学南校で学ぶ。明治8年(1875)にコロンビア大学鉱山学科に留学。13年帰国後、東京大学理学部に勤務。20年京都の第三高等中学校に赴任、翌年には理学博士の学位を受けた。23年帝国大学農科大学教授、38年東京帝国大学総長(在職12日で辞任)。多芸多趣味の人物で、書画骨董、落語義太夫などにも精通していた。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:東京帝国大学五十年史
請求記号:377.21-To458t3
白黒、5.2×7.6 cm