曲木如長 まがき ゆきなが(1858〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政5年3月〜大正2年10月16日
1858年〜1913年10月16日)

解説

父は幕臣。明治3年(1870)から大学南校でフランス語を学ぶ。6年に陸軍兵学寮に出仕。9年にアメリカ、イタリア、ロシアで各国の法律を研究し、14年参事院御用掛兼太政官御用掛、その後、司法官、検事、大審院などで勤務し、27年辞任。以後、弁護士、東京市市会議員などを歴任するほか、明治法律学校や日本法律学校で教鞭をとっていた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm