菱田三男治 ひしだ みおじ(1874〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治7年9月21日〜明治44年9月16日
1874年9月21日〜1911年9月16日)
号・別称等 菱田春草(ひしだ しゅんそう)

解説

日本画家。明治22年(1889)上京して、結城正明に師事。翌年には、東京美術学校に入学し、橋本雅邦らの指導を受ける。卒業後、帝国博物館の嘱託として、京都と高野山で古画の模写に従事。29年に母校東京美術学校の教員に就任するも、31年の東京美術学校騒動に際して、校長・岡倉天心とともに辞職。日本美術院の創設に参加した。このころより、洋画に学んだ没線描法を用いた作品を発表し、朦朧体の呼称で激しい非難を浴びている。36年から38年にかけ、横山大観とインド・欧米を巡遊。以後、色と線を調和させた作品を描くようになる。代表作に「落葉」、「黒き猫」(ともに重要文化財)など。晩年、視力を失った。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm