樋口彦四郎 ひぐち ひこしろう(1849〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 福島県
生没年月日 嘉永2年9月7日〜明治42年7月3日
1849年10月22日〜1909年7月3日)

解説

実業家。会津藩出身で、白虎隊の一員であった。維新後、軍馬の需要を見込んで長野県に移り住み、畜産会社を経営。長野市の米穀取引所の理事にも就任した。後、電気事業の隆盛を見越して、電圧碍子の製造工場を会津に設立。碍子の技術革新に成功した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm