原龍太 はら りゅうた(1854〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 福島県
生没年月日 嘉永7年10月15日〜大正元年12月30日
1854年12月4日〜1912年12月30日)

解説

土木工学者。父は福島藩士。米沢の英学校に学び、明治10年(1877)東京大学理学部土木工学科に入学。卒業後東京府に出仕し、吾妻橋、御茶ノ水橋、江戸橋などの橋梁の設計・施工、馬車鉄道の敷設工事、上下水道の付設など、各種の公共工事に携わった。32年工学博士。その後、足尾鉱山の公害予防事業の土木調査、東京帝国大学工科大学教授、横浜市水道局技師長、東京瓦斯会社の工務顧問などを歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm