林董 はやし ただす(1850〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 嘉永3年2月29日〜大正2年7月10日
1850年4月11日〜1913年7月10日)

解説

父は佐倉藩の蘭方医佐藤泰然。幕府御殿医林洞海の養子となる。慶応2年(1866)に幕府留学生としてイギリスに留学。帰国後、箱館戦争に参加し、捕らえられる。明治4年(1871)に明治政府に出仕し、工部省、香川県、兵庫県知事等を歴任し、24年外務次官となる。その後、駐露公使、駐英公使となり、日英同盟の締結に尽力した。第1次西園寺内閣で外相、第2次西園寺内閣で逓信相として再度入閣し、一時外相も兼任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm